メンタル・キャリアカウンセリング

キャリア関連の心の問題を中心としたご相談を、松代信人が承ります。 薬によらない認知行動療法やNLPを中心として、カウンセリング・心理療法を行っております。 

 

なぜ、薬などの技術が進歩しているはずなのに、うつは増加する一方なのでしょうか。心の問題が人類に課せられた最も難しい問題の1つであるにも関わらず、問題を適切に捉えていないということです。

                                               

例えば、うつの主な原因が、職業・業務に起因しているのであれば、カウンセリングは少なくとも、メンタル×キャリア・カウンセリングでなければ問題はあまり軽減しないはずです。これが問題の適切な捉え方なのです。

 

しかも、これら2つのプロフェッションを同時に併せ持つカウンセラーでなければなりません。別々の2名によるカウンセリングであれば、2つの領域にまたがる有機的な判断ができませんし、カウンセリングコストも2倍に膨れ上がります。

                    グラフィックス1.jpg                                                      

                                         職場の悩み        メンタル&キャリアのプロによる

             メンタル ×    仕事の悩み  ← カウンセリング、セラピー

                         転職の悩み      

                         進路の悩み

 

 

 ”相談できるところがどこにもないのですと言われて私のところに来られる方がおられます。 

 

医師からはうつの治療・投薬は受けれらますし、また、認知行動療法はうつの改善に有効ですが、職場での身の処し方や将来につながる働き方等までを含めての心の改善効果を得ることはできません。

 

          ”同様の実現場にいた私があなたの味方です”

 うつが主として職業・業務に起因している場合、これら二つは本来、分離して考えることができないものです。

 

            メンタル × キャリア  カウンセリング

 

さらにご希望により、NLP(Neuro  linguistic Program)による適性発見や能力発見・開発といった積極施策による心の問題の封じ込めといったアプローチをとることもできます。

 

 

また、クリニックの特徴2に挙げている項目においての実体験(実現場体験)がありますので、幅広い対応も可能です。

  

形のないを扱うことは人類の最大の課題の1つです。それがゆえに人類が築いてきたあらゆる科学的資産を駆使して、現在でき得る全力で問題解決にあたる、認知行動療法の駆使はその1つの方向性と言えます。

  

社会環境と自己についての実体験があるもののみカウンセリングをお受けしております。このことで、心の痛みを真に理解、受容、共感できますので、きっとご満足いただけるかと存じます。

 

▲このページのトップに戻る