なぜ、私たちの心は疲れてしまっているのでしょうか?私たちが生きる現代社会には、人間関係から安らぎや温かみを感じにくい傾向があります。どなたでも大なり小なり何かしらの悩みを抱え、誰かに打ち明けたくても打ち明けられず、日々の生活を送っているのが現実です。このストレス社会の中、子供から大人までさまざまな悩みの連続で、もがきながら生きて行かなければならないのが現実ではないでしょうか。

 

人は心に不安や悩みを一人で抱え込んだままでは、自分らしく生きて行くことはできません。

 

まず誰かに相談する事が必要です。カウンセリングを受けることに抵抗ある方もいると思いますが、カウンセラーは悩みを聴いてくれる専門家です。

 

悩みを打ち明けて、傾聴してもらうだけでも不思議と気持ちが楽になり、前向きに考えられるようになってきます。

 

そして、悩みを打ち明ける事で悩みの問題を客観的に見つめ直す事ができるので、知らず知らず自分自身と向き合う事につながります。 自分自身と向き合うことは、再発性の低い心理治療効果の原点となります。

 

▲このページのトップに戻る