NLPとは?

Neuro-Linguistic Programming: NLP)とは、 ジョン・グリンダー(言語学者)とリチャード・バンドラーによって始められた自己啓発技法・心理療法技法・コミュニケーション技法・を中心とした体系です。

NLPは時代の進展とともに進化し、治療から教育、スポーツ、そしてビジネスの世界でも活用され、数々の有名人が成果を収めています。オバマ大統領の演説の背景にNLPがあることは有名です。

人間は、「神経」(=五感)と、「言語/非言語」の脳での意味づけによって物事を認識し、体験を記憶しています。そして、その認識や記憶は今までの人生体験に基づいて各人の中に「プログラミング」されており、その「プログラミング」のとおりに自動反応し行動していると考えられています。プログラミングは情報処理の考え方ですが、そうです、NLPも認知行動療法と同様に、近年の情報処理の考え方がベースにあるのです。

 

人は、無意識のうちにプログラムに基づいて行動や反応を 起こしています。NLPは、そのプログラミングの構造を科学的なバックグラウンドで学問として構造化されており、さらにそれを組み立てなおす (リプログラムする)ことを可能にする実践的方法なのです。

 

もともと心理学と言語学に端を発して発展してきたNLPが、今では人間工学、物理学など、さまざまな学問を取り入れて進化し、現在は ”第三世代のNLP”と言われています。

 

▲このページのトップに戻る