うつの共犯者ストレス

重要な出発点であるストレスに対する積極的な対処法と消極的な対処法を考える。積極的な対処法においては、高血圧、慢性疲労などを引き起こすと言われています。

 

一方、消極的な対処法においては、メタボ、メランコリー、不安障害を引き起こしやすいと言われています。

 

とすると、ストレスに対しては、柔軟な対処法がベストと考えられます。柔軟な対処法とはなかなか難しい命題ではありますが、私は、勝ち負けのとらえかたにあると考えています。勝ちに行くときの勝ち方、負けるときの負け方です。また、他人と比較しないといった考え方も柔軟な対処法の1つに含まれると考えられます。

▲このページのトップに戻る