対人恐怖症

ここで対人恐怖症を取り上げたのは、対人恐怖症からくる人をさけて物との接触を好むことにより、ネット依存・ゲーム依存の確率が高まることからです。

 

特に日本人に多く見られるものです。集団から孤立してしまうことが極めて重大視されているところに、日本で特に対人恐怖症が多く見られる原因があるのではないかと言われています。

 

対人恐怖症は強迫神経症に属するものですが、ここでは別項目としてとりあげました。

 

対人恐怖症は人前での緊張からから起こる症状で、あがり症ともオーバラップする部分があります。また、社交恐怖症と言われている症状も、実質的には対人恐怖症に対応します。

 

認知行動療法が適している症状の1つです。



→ 認知行動療法

▲このページのトップに戻る