気持ちが落ち込んでいる

非常に多くのケースがあり得るので、漠然としている症状ですが、以下に集約されます。

 

自分を過大評価している場合、もしくは他人の目を必要以上に気にしているという背景です。自分を過大評価して天狗になっている場合、それと違った現実が明らかになったとき、落ち込みますね。また、他人に見られたい自分のイメージと違ったイメージを他人に持たれた場合にも落ち込みます。ひらたく言ってしまいますと、謙虚で謙遜であれば、落ち込むことはあまりなくなり、自己反省の繰り返しにより向上していくということになります。

 

落ち込みの背景をしっかり抽出した上で、その背景における認知の歪を抽出し、認知行動療法により、少しずつ歪を改善していくことになります。

▲このページのトップに戻る