お客様の声

 

高校生だった息子が、当時、重度のゲーム依存で、施設に入っておりましたが、出所してもまたゲームを始める始末で、改善されていませんでした。

こちらの先生にご相談しましたところ、子ども中心の教育思想を持っておられ、これまでの力で押さえつける思想と真逆でした。子どもとの信頼関係をしっかりつくっていただけたことで、親の言うことは聞かなくても、先生のおっしゃることは徐々に聞くようになり、子どもの興味のある大学学部への進学もできました。

先生にご相談していなければ、いまごろニートになっていた可能性が高く、本当に感謝しております。ありがとうございました。

                             東京都文京区 A.K様

 

 

小学校低学年から勉強、勉強で教育してまいりましたことから、そのストレスのためかゲームにはしるようになりました。家のWiFiを切ってもコンビニに行ってWiFi接続するし、スマホを取り上げても、スタンドアロンのゲーム機を友達の家に隠したり、外に隠したりして、長時間ゲームに明け暮れておりました。

勉強をあまりさせないようにしても、一度ゲーム依存になってしまうと、事態は変わりませんでした。

こちらにご相談いたしましたところ、科学者として資質を発見いただきました。昆虫や天体、パソコン制作など、本人が興味をあることを中心としたメニューを組んでいただき、また、メンタル面のサポートもいただき、1年程度で立ち直らせることができました。

受験勉強をほとんどすることなく特徴のある私立中学に進学でき、楽しく学校生活を送っております。

本当にありがとうございました。

                              東京都目黒区 J.K様

 

 

息子は小学校のときには、学校の宿題をちゃんとやって行く子だったのですが、中学校に入ってから、明け方までゲームをしてそのまま学校に行くような生活になり、それとともに宿題を提出しないようになりました。親がそのことで、学校に呼び出しをくらっておりました。

スマホが使用できる時間帯を制限できるソフトもありますが、制限されると、ネット接続が必要ないスタンドアロンのゲーム機をこっそり買い、隠れてゲームをしていたようです。おばあちゃん等からもらったお年玉、お小遣いで、いくらでもゲーム機を自分で購入できて、家の内外にいくらでも隠すことができるんですね。

ゲーム専用の高性能パソコン等を勝手にネットで注文して、何度も何度もY運輸さんが配達にきてしまうこともありました。子どもが受け取って開封してしまうと、結局親が料金を支払わなければならなくなりました。

ゲーム依存がひどいと、やりたい欲望から、恐ろしいほどいくらでも悪知恵が働くようです。

こういった状況で、松代先生にご相談させていただきました。先生は医学のみならずITの専門家でもおありであることで息子と非常に話が合うようでした。息子が、「先生とお話しをして楽しかった」といつも言っておりましたぐらいですから。先生は、家族以上の信頼関係を息子とつくってくださり、そこを突破口として、少しづつ少しづつ息子の考え方を変えていき、最終的には、本人と家族が希望していた有名大学の付属高校に入学することができました。今は、医学部への内部推薦を目指して本人も張り切っております。先生は、隠れた才能の発掘とその伸長、才能開発に主眼を置かれておられ、入試に合格することを目的とはされていませんが、いつも言われていたことは、「進路が開かれなければ、ご本人の将来は開かれない」ということでした。

主人共々感謝で一杯です。本当にありがとうございました。

                            東京都港区 Y.H様

 

▲このページのトップに戻る