IT

[IT依存症]

依存症というのは、自己コントロールを失うほどのめりこむことをいいます。パチンコなどのギャンブルは、アルコールなどとは違って、絶対的な依存性はないのですが、報酬を期待し続けることができるという意味において、心理的に依存する要素があります。IT依存も同様に心理的なものです。パソコンやインターネットといったITテクノロジーそのものの中に依存性があるわけではありません。依存しやすい性格や、自己コントロールの不十分さが大きな要因と言えるでしょう。

 

孤独な傾向、内向的な性格、などの人がIT依存になりやすいと言えます。しかしながら、仕事や勉強のためにどうしてもパソコンを使わざるを得ないという状況が、いつのまにか危険性を高めることに注意が必要です。

 

 

 

▲このページのトップに戻る