”うつ”に関わる科学コラム

[自然の抗うつ剤]

 以前、ニューズウィーク誌に掲載された記事ですが、「脳内のドーパミン、セロトニンは、そのいずれもが、運動した後に増加する(ハーバード大学 J. J. レイティー準教授)」。これは抗うつ剤のプロザック、リタリンを少量ずつ摂取したのと同様な効果であるとのこと。もちろん運動に副作用はありません。

 

運動は、脳幹のセロトニンの分泌を促す。このことは”自然の抗うつ剤”と言えるかもしれないですね。 

[慢性ストレスによるうつ]

長期に渡るストレスを受け続けると、脳が疲弊し、脳のエネルギー源であるブドウ糖や酸素の供給が不足し、このことで”うつ”に対する抵抗力を弱めてしまいます。慢性のストレスを早期に少しずつでも減少させていくことが重要です。

 [順応]

順応とは、外部の状況に対して、適切な方向に人間の機能を制御していくことです。

 >>続きを読む

 [ハードウェア]

心はハードウェアを変えてしまうか。

>>続きを読む 

[心が体の外にある→うつの構造]

テクノロジーが作り出した環境は、以下のような心の構造を作り出すと思われます。

>>続きを読む 

[ロボット掃除機]

ロボット掃除機の動きを見ていると、感心させられることがあります。空間の状況認識や制御の最新技術が結集されたものといえます。

>>続きを読む  

[手を動かすと気持ちが晴れる]

 脳にとって手は特別な存在であり、脳の中には手の動きに結びつく回路が多く存在しています 

>>続きを読む

[”うつ”が劇的に増加した時期]

うつが劇的に増加した時期と、飛躍的なテクノロジーの進歩でライフスタイルが一変した時期は重なっています。

>>続きを読む

[”うつ”の共犯者ストレス]

ストレスはうつの共犯者と言われており、ストレスの増大がうつに発展する。

>>続きを読む

[”うつ”を多くの窓から眺める]

昔から伝わる有名な話があります。一度は聞かれたことがある話だと思います。

>>続きを読む

[誘導ミサイル]

認知行動療法はあたかも特定の目標に狙いが定まっているという表現ができます。

>>続きを読む

▲このページのトップに戻る