サイバー画像1.JPG

ごあいさつ

 

ホームページにお越しいただきありがとうございます

 

なぜ多くのご家庭から絶大な支持いただけるのか!納得いただけます。   

  

現代のゲームに組み込まれた非常に複雑な報酬構造は、ユーザーに少しでも長くプレイさせるために仕組まれたものなのです。ゲーム開発企業が人々をはまらせるのに使うテクニックの1つはユーザーインタフェースのデザインであり、デザインによってユーザーを興奮させ、ドーパミンを脳に放出させるのです。定期的にユーザーをやる気にさせるような環境をデザインするわけです。そしてデザインを改良していき、最もユーザーを長くプレイさせる報酬と罰のコンビネーションをつきつめます。ゲームは、プレーヤーを可能な限り長く楽しませるように、細かな点まで気を配って製作されます。

そして、高度なソフトウェアを駆使して、あらゆるユーザーがそれぞれゲームで何をしているかをモニタリングしています。ユーザーがリアルタイムのデータを山のように提供してくれるのです。人工知能がビッグデータを解析して、最も儲かるゲーム構造に自己変革する、自己増殖するという、恐怖がなにげない形で子供たちにしのびよっているのです。時代の花形分野であるデータサイエンスが新たな恐怖を生み出しているのです。わざとユーザーを病みつきにするように製品をデザインしていることは、業界でも知られていることです。人は偶然ゲームに病みつきになりはしません。全ては開発者の戦略です。

デジタルテクノロジーは、自閉症スペクトル障害を悪化させ、また、子供たちの間に注意欠陥症状を増加させています。テクノロジーの進歩が加速すれば、依存症が生み出される速度も加速します。欲望を刺激するのは、私たちの脳の原始的かつ無防備な部分だからです。

よくあるアドバイスに「ゲームをうばってはいけない」ということを聞きます。「ほおっておけば、底をついたときに自分で立ち直る」、こういったアドバイスがテンプレートのように繰り返しなされていることをよく耳にします。そうでしょうか。それでは、なぜそれなりの年齢に達しているニートが存在するのでしょうか。ほおっておけば、日本の社会システムの中で受け入れてもらえる口をなくし、取り返しのつかないことになるのではないでしょうか。日本の社会は、年齢制限が多々存在しており、また、人材の流動性も悪い社会です。ほおっておけばフリーターの口もなくなります。取って代われる若い労働人口が大量に存在しているからです。生来なまけものでニートになっている場合もあるとはいえ、文明の最先端機器がニートを造り出していることも間違いありません。

スティーブ・ジョブズに関する、New York Timesのコラムを紹介しましょう。

2011年に亡くなったスティーブ・ジョブズといえば、最先端技術の代名詞とも言える人ですが、子育てにおいては、子どもたちがデジタル機器に触れる時間を厳しく制限していたそうです。ジョブスは我が子のハイテク機器利用時間が増えることを心配していたのです。

iPhoneiPadは子ども達にとって非常に魅力的です。これら手のひらサイズの機器は最先端のおもちゃともいえます。しかし、こうした超便利な助っ人に感謝する前に、それらの機器が子どもたちに及ぼす潜在的な害について心配すべきなのではないかジョブスはそう考えていました。テクノロジーに関して本能的な才能があったが、親としてはローテクを貫き、子どもたちの電子機器の利用を厳しく制限すべきだと固く信じていたのです。

ケースバイケースとはいえ、「ゲームをうばってはいけない」「ほおっておけば、底をついたときに自分で立ち直る」といったアドバイスが基本的にはいかに不適切なものであるかお分かりいただけると思います。ゲームについては、スティーブ・ジョブズが最も良く知っていたのですから。

しかしながら、スティーブ・ジョブズのように、自分の子どもだけには電子機器に触れる時間を制限する方法が通用しない時代が訪れたのです。学校教育の中でも電子機器に触れる機会があたりまえのように設定されるようになり、また、お人形よりもパソコンと遊ぶ少女が普通にいる時代となりました。

人間と機械が巧みに共存することが要求される新たな時代が訪れたのです。この時代においては、IT分野にも精通し、なおかつ依存や発達障害にも精通した新しい専門家が必要となったのです。

              

IT(情報技術)分野の専門家でもある必要があります

 ビジネス大賞受賞

 グラフィックス11.jpg「日本が誇るビジネス大賞」

星雲社刊 (2013年5月) 世界の人達に誇れるビジネス        

 kawasaki.jpg

   川崎麻世氏との対談

      Company Tank

         (2012年8月)

 そもそも、ネット依存、ゲーム依存は、現代のサイバー社会、AI社会における最先端テクノロジーが原因系となっているわけですから、その解消には、原因系の専門家であることが要求されるのは当然です。

ネット依存・ゲーム依存の原因は千差万別で、子どもの資質や環境に依存しますので、ITの環境や資質に立ち入ることができるITの専門家であり、なおかつ発達への悪影響も分かる医学の専門家である必要があります。

 

 

 


 

[治療型教育]

 

 依存と才能の境界は微妙ですので、むしろ時代が要請するITやAIの専門家として育成していく、という考え方もあるのです。これができるのは、既存の治療機関ではなく、ITにも精通した治療型教育者である弊社なのです。

 

 


 

 

[代表者肩書き]

 

医学博士(脳科学)

工学博士(I T)


           サイバー医学を提唱

メンタル、成績低下問題、進路問題まで
弊社は、メンタル面のケアはもちろんのこと、依存による成績低下問題にも対応いたします。また、依存によって発生した進路問題にも対応することができます。

子供画像                 images4.jpg

 

コンサルティングの特徴

 

 

 

 images2.jpg

徹底的に時間をかけて悩みをお聞きします

まず、お客様の悩みを徹底的に時間をかけてお聞きいたします。お気軽に悩みを全てをお話下さい。申し上げるまでもないことですが、守秘義務の厳守により、どこにも知られることはありません。

 

 

ITと医学の両面に精通した専門家が直接対応

ネット依存、ゲーム依存のコンサルティングには、IT環境が理解できるITの専門家であることが重要です。さらに、脳科学をはじめとする医学のバックグラウンドも必要です。専門家が直接対応させていただきます。

 

 

[可能なコンサルティング項目]

 

ネット依存 

ゲーム依存

・依存に伴う学力低下

・依存に伴う進路問題

・対人恐怖

・引きこもり

・ストレス全般

 

対人恐怖症と引きこもり、引きこもりからくるネット依存・ゲーム依存といった、各項目間の密接な関係も考慮して、コンサルティングを進めていきます。

 

薬によらない療法                                                        

      - 世界中で広く使用されている認知行動療法を中心とした療法 -            

 

通常の認知行動療法(CBT)によるメンタルケアと、教育の中で認知と行動を変革していく、 教育型認知行動療法により、ネット依存・ゲーム依存問題の解消を行います。

 

→ 認知行動療法

 

当組織の特徴について詳しくはこちらへ

ご相談メニュー

面談対応
 
電話対応
 
メール対応
         

room.jpg

 

グラフィックス1.png

 

ipad.bmp

弊社オフィスにおいて面談コンサルティングを行うものです。

 詳細はこちら

 

携帯電話、固定電話によるコンサルティングを行うものです。

 詳細はこちら

 

メールのやりとりによるコンサルティングを行うものです。

 詳細はこちら

お問合せ・ご相談はこちら

わからない点やご相談などございましたら、以下のお問合せフォームからご連絡ください。

 

お問合せフォームはこちらへ

 

 

 

     ★発達障害の療育・教育サイトはこちら★




メンタルに関わる科学コラム

[自然の抗うつ剤]

 以前、ニューズウィーク誌に掲載された記事ですが、「脳内のドーパミン、セロトニンは、そのいずれもが、運動した後に増加する(ハーバード大学 J. J. レイティー準教授)」。これは抗うつ剤のプロザック、リタリンを少量ずつ摂取したのと同様な効果であるとのこと。もちろん運動に副作用はありません。

 

運動は、脳幹のセロトニンの分泌を促す。このことは”自然の抗うつ剤”と言えるかもしれないですね。 

[慢性ストレスによるうつ]

長期に渡るストレスを受け続けると、脳が疲弊し、脳のエネルギー源であるブドウ糖や酸素の供給が不足し、このことで”うつ”に対する抵抗力を弱めてしまいます。慢性のストレスを早期に少しずつでも減少させていくことが重要です。

 [順応]

順応とは、外部の状況に対して、適切な方向に人間の機能を制御していくことです。

 >>続きを読む

 [ハードウェア]

心はハードウェアを変えてしまうか。

>>続きを読む 

[心が体の外にある→うつの構造]

テクノロジーが作り出した環境は、以下のような心の構造を作り出すと思われます。

>>続きを読む 

[ロボット掃除機]

ロボット掃除機の動きを見ていると、感心させられることがあります。空間の状況認識や制御の最新技術が結集されたものといえます。

>>続きを読む  

[手を動かすと気持ちが晴れる]

 脳にとって手は特別な存在であり、脳の中には手の動きに結びつく回路が多く存在しています 

>>続きを読む

[”うつ”が劇的に増加した時期]

うつが劇的に増加した時期と、飛躍的なテクノロジーの進歩でライフスタイルが一変した時期は重なっています。

>>続きを読む

[”うつ”の共犯者ストレス]

ストレスはうつの共犯者と言われており、ストレスの増大がうつに発展する。

>>続きを読む

[”うつ”を多くの窓から眺める]

昔から伝わる有名な話があります。一度は聞かれたことがある話だと思います。

>>続きを読む

[誘導ミサイル]

認知行動療法はあたかも特定の目標に狙いが定まっているという表現ができます。

>>続きを読む

▲このページのトップに戻る